• ホーム
  • トリコモナスの治療薬、ハイシジンについて

トリコモナスの治療薬、ハイシジンについて

オレンジ錠剤とカプセル

トリコモナス治療薬としてハイシジン(チニダゾール)が良く利用されています。
ハイシジンはトリコモナス原虫を死滅するさせる治療薬で、原虫薬剤としてトリコモナス症に有効な成分であるチニタゾールを成分としているため国内では医師の処方が必要になります。
海外ではハイシジンと同じ成分のジェネリック薬がいくつかあり、チンビスタなどがリリースされています。

トリコモナス症は主に症状が酷い女性の性感染症(STD)で、一般的に性行為によって感染することが可能です。
症状が現れていなくても無症候性感染の場合もあり、男女ともに感染します。
パートナーが感染していると自分も感染している可能性が高いでしょう。
若年層はもちろん中高年層にもその感染者が多くいるのが特徴です。

男性の場合は尿路感染や前立腺などに感染すると、尿道炎などを発生しますが症状が出ないケースもあります。
女性の場合は症状が強く出ることが多く、痒みや痛み・泡状の緑黄色オリモノなどが現れたり、中にはひどい悪臭をはなち排尿痛などを伴い状態がさらに悪化するので注意が必要です。

トリコモナス症は「トリコモナス原虫」という微生物が寄生することにより感染し、ハイシジンはその原因であるトリコモナス原虫を排除したり死滅させることができます。
抗原虫薬剤として原虫を殺虫し死滅させることにより、体内から消滅させることができるでしょう。
経口内服つまり口から飲む薬剤でいくつか副作用がありますが、服用量を守ることで全身に作用し、部分的に使用する外用薬とは異なり根本的に原因を解決することができる効果の高い薬剤と言えます。

服用方法は一般的に7日間程度服用すると、完治すると言われています。
ハイシジンのジェネリック医薬品にはチンビスタという医薬品があり、主成分がチニダゾールで先発医薬品のハイシジンと同じ成分・同じ効果があります。
チンビスタはジェネリック医薬品なので、リーズナブルな価格で購入することができ高い効果を得ることができるでしょう。

ジェネリック医薬品が安価な理由とは?

トリコモナスの原因、トリコモナス原虫は非常に生命力の強い菌です。
そのため性行為だけでなくプールや公衆浴場・トイレなどを感染経路にして発症することもあります。
放っておいても菌は増殖していく一方です。治療薬で死滅させましょう。

トリコモナス治療薬として処方される薬、ハイシジンですが、病院に行くのが恥ずかしいというなら海外で出回っているジェネリックをインターネットを利用して手に入れましょう。
チンビスタなどが有名です。
ジェネリックだからこそ有効成分は同じくチニダゾールで効果も服用方法も同じです。
副作用ももちろん同じようにありますが、正しく使用すればそれほど強い症状に悩まされることはないはずです。
そして価格はとても安いのです。

新しく薬を生み出すためには研究開発に多くの時間と費用が必要です。
ようやく作り出せた薬、使ってもらえなければ意味がないのですから医療関係者に宣伝したり使い方を説明したりしなければなりません。
新薬が高いのは開発費・広告宣伝費も含めた金額となっているからです。

一方のジェネリック医薬品は、すでにある薬と同じ成分を同じ配合量で作るのですから開発費はほんのわずかです。
すでに新薬でその効果や使い方が知られているため、わざわざ広告宣伝を行なう必要もありません。
ジェネリック医薬品が安価なのはそういった理由があるのです。

ただし、海外の薬を手に入れる場合、インターネット上では多くの悪徳業者が横行しています。
偽薬をつかまされる危険性が高いため注意してください。
薬についての知識も自身で身に付けておかないと自己判断で適当に服用していると副作用の危険性が高まるだけです。
安価ではあるもののリスクは大きいのです。